塗替えガイド

外壁は、毎日の太陽光や雨、排気ガスなどから建物を守っています。そして、壁材を守るために表面に塗装が施されています。塗装はそういった外的要因から守ってくれているわけですが、塗膜の寿命は永久的ではありません。

塗膜は何の手入れもせずに放置しておくと問題が起き、そのまま放置してしまうと塗り替えだけでは対応できなくなり建物自体の修繕・改善が必要になってしまいます。

そういったことから、早めの診断/メンテナンスをすることによって建物の寿命を長持ちさせることができるのです。

塗装の豆知識!

そもそも、なぜペンキを塗らないといけないの?

 

1. 汚れや紫外線から家を守ってくれる!

建物のそもそもの目的は外的要因から住む人を守ることです。外的要因とは、紫外線や排気ガス、雨や風などのこと。365日そういった外的要因から守ってくれている家なので、劣化していくのは当然といえば当然です。

2. 美観(見た目)のため

新築のころお家はどのような状態でしたか?そして今のお家はどのような見た目ですか?お家といっても、物である以上、どんどん劣化していき見た目が汚れていってしまいます。やはり新築当初と築十数年の家を比べると汚れていくのは当然のこと。

ただし、塗装のいいところは塗替えさえしてしまえば、新築当初に近い風合いに蘇るということです。塗替えの際に今までとは違った色を選ぶことで気分も一新できるのも利点です。

3. 放置していると家の価値は下がっていく

お家は永久的にそういった外的要因から守ってくれるわけではありません。守ってくれているのと同時に日々消耗していっているのです。塗装がはがれてしまった屋根や外壁は、素材自体にダイレクトに雨や風の侵食を許してしまうので、雨漏りや腐食の原因となってしまいます。

あなたの財産を守るためにも、定期的な塗装で家をリフレッシュしてあげる必要があるのです。

こんな症状が見つかったら塗り替えのサイン!

塗装といっても、実際にいつ頃塗り替えたらいいのかわかりませんよね。一般的に外壁・屋根・テラスなどの塗替えの目安は10年といわれています。

名前

塗替え時期にはお家からSOSが出ているかも?

外壁・屋根・テラスなどで、サビやはがれ落ち、カビ、ひび割れ等が見られたら塗り替えのサインかもしれません。

塗装目安は10年間

これらの症状が今のお家で見つかる場合は要注意です。
塗装面がはがれ落ち、建物の劣化が進んでいる可能性もあります。

こういったひび割れなどの状態であっても早期であれば、塗装の際の下地補修などで対応することができるかもしません。

塗装に関するQ&A

下記ページでは、塗装に関する疑問や質問にお応えしております。塗替え完了までの細かな流れや、ご近所さんへの配慮など、様々な質問にお応えしています。

ご相談・お見積りは無料

上記で紹介したような症状が見られる場合は、そのまま放置せずまずはご相談下さい。平成塗装なら建物診断/お見積りは無料です。実際に建物を見させていただき、最適な改善方法とプランをご提示させていただきます。

外壁塗装のことなら平成塗装

WEB限定割引!10%OFF

WEBからのお申込みに限り、お見積金額から5%OFFとさせていただきます。

お電話での お問い合わせ
平日9:00〜19:00
087-879-4607

お急ぎの場合や繋がらない場合は携帯まで!090-8973-3399

メールフォームで問い合わせ

平成塗装LINE