タピオカ大ブーム!

ブログ

高松市内で女子高生らの長い行列を見かけます。

「タピオカ」が容器の下に沈んだ甘いドリンク。

熱帯原産の芋「キャッサバ」(別名・タピオカ芋)を原料としたもちもちとした食感が特徴で、全国的なブームになっています。

国内では、フィリピン発の「ナタデココ」、イタリア生まれの「ティラミス」など一度ブームとなりましたが、その後沈静化したスイーツが数々あります。

タピオカは1990年代、2007年ごろに続き3度目のヒットだそうです。

今のブームは「タピオカミルクティー」発祥の台湾の店が東京に出店した13年ごろから。

各地で日本オリジナルの店が増え、大手外食チェーンやコンビニもタピオカ商品を販売、10〜20代の女性を中心に支持が広がりました。

タピオカ人気は台湾人気とも重なります。

台湾観光協会によると昨年、日本から台湾を訪れた日本人旅行者数は過去最多の約197万人。

台湾では街の至る所にタピオカドリンクの店があり、多数の日本人観光客が口にするといいます。

旅行先で初めて出合った食べ物は思い出に残ります。

海外となるとなおさらです。

国内で見つけるとつい旅行のことを思い出し、買う人もいるのではないでしょうか。

人と人との交流は「食文化」の輸入や輸出にもつながります。

タピオカドリンクを飲むには極太ストローが不可欠。

そのプラスチック製ストローは、地球環境に配慮して世界的に廃止する動きが広がりつつあり、キャッサバを使い自然分解するプラスチックが開発されています。

こちらのブームはこれからです。