付帯部塗装&ダメ拾い、掃除

ブログ

写真は、従業員ひろきのシューズです!

塗装の仕事をしていると塗料が飛んですぐ汚れるので、大体3ヶ月に1度買い替えが必要です。ひろきのシューズも3ヶ月間一緒に頑張ってくれることでしょう!
本日の作業内容は多肥下町にて、付帯部塗装、ダメ拾い、掃除です◎

最近は天候に恵まれ、順調に作業も進んでいます。

まずは昨日錆止め、中塗りまで塗装した子庇の上塗りです。  しっかり下地処理をし、乾燥時間も守って初めて、塗膜は丈夫で高い耐久性を期待できます。

こちらが小庇の塗装完了写真です。

  壁が反射して映るほどの光沢でとても綺麗です!気持ちがいいですね!

続いては木部塗装です。

こちらも下塗り、中塗り、上塗りの3工程です。  前回の塗装から15年経っているとの事なので、旧塗膜は浮いていたり剥がれていたりと傷みがひどい状態だったので、入念に下地処理し塗装しました。

こちらも木が蘇るように綺麗に仕上がりました!

付帯部塗装が終わった後はダメ拾いです。

ダメ拾いとは、局部的な補修塗りのことです。

工事の最終段階で塗り落とし(塗り漏れ、塗り忘れ)の補修塗りを行うことをいいます。

人間は機械ではないので必ず塗り忘れや、付帯部を塗っている時に付帯部の塗料が壁に飛んだりダメは必ずあります。

そのためダメ拾いは念入りに時間をかけて丁寧に行います。

ダメ拾いが終わり、最後は掃除です。

敷地に落ちている養生のゴミや小さい塗料を拾い、最初に来た時より綺麗にする気持ちで丁寧に掃除させていただきます!感謝の気持ちを込めて…‼︎
さぁ、付帯部の塗装、ダメ拾い、掃除を終えて多肥下町の物件は現場作業終了です。

本日を持ちましてこちらの物件は完工です!

お客様から、毎日毎日10時と15時にジュースをいただきました…温かい日が続いていたので有難かったです!

お心遣いに、この場をお借りして感謝申し上げます!本当に有難うございました。

明日は牟礼町にて、外壁塗装です。

明日の現場作業も怪我せず安全第一で作業します。