外壁塗装中塗り、上塗り&付帯部塗装

ブログ

本日は鶴市町にて外壁塗装中塗り、上塗り、付帯部塗装です。

壁の下塗りもしっかり乾燥しています。

まずは軒天井から塗装していきます。

 軒天井を塗り終えると次は壁を塗っていきます。
  こちらの現場は塀と壁の間が本当にせまく養生はしっかりしているのですが、風で塗料が飛散しないように慎重に工程を進めていきます。
施主様がお花が好きならしく、庭にも沢山の花が植えてあったり、花瓶があったりといくら養生をしていてもローラーで塗装する際に風が吹くと風で塗料が舞い飛散する可能性はあるので、慎重かつ丁寧に進めていきました。

午前中に中塗りは終わり昼から上塗りです。

午前中にくらべ午後の方が風が吹いていたので飛散しないよう午前中より、慎重に工程を進めていきます。 

施主様が大事にしている花にも飛散なく無事上塗り完了です。
続いては付帯部塗装です。

ローラーでは塗れない部分を先に刷毛で塗ります。

刷毛で塗ったあとローラーで塗っていきます。

鶴市町の現場は外壁中塗り、上塗り完了。

付帯部は明日、今日の続きから塗装します。

もう一班は、香西本町にて付帯部塗装です。

こちらの物件は旧塗膜が浮いていたので、ペーパーでしっかり下地処理してからの塗装です。  

まずは荒いペーパーでゴシゴシ旧塗膜を除去し細かいペーパーで手触り良くします。

少し擦っただけで旧塗膜がポロポロ落ちてくる状態の所もあり擦り残しがないように、丁寧に工程を進めていきます。
次に上塗り1回目です。  

そして上塗り2回目です。  

こちらの木は2回塗っても吸い込みムラが少しですが、でたのでもう一回塗装します。

香西本町の物件は鼻隠し、破風板ケレン、塗装1回目完了、2回目完了で現場作業終了です。
明日の現場作業も怪我せず安全第一で作業します。