屋島にて、屋根塗装!

ブログ

写真は屋根塗装を行っている状況です。

サケの遡上は産卵のためで、秋になると川の上流に向かいます。

遡上に全てのエネルギーを費やすため、川に入るとサケの味は落ちると言われています。

食卓に並ぶサケは海でとれたもので、美味しいです。

さて、本日の現場作業は屋島にて屋根塗装を行いました。
屋根塗装状況写真です。


屋根・屋上は、雨や紫外線から大切なお家を守ってくれる一番重要な場所です。
塗装が劣化してくると、見た目が悪くなるのはもちろん、素材の持ちが悪くなりトラブルの原因になることも。建物に異常が出てくる前に塗り替えることをおすすめしています。
また、色を変えることでお家の印象もガラッと変わりますよね。
屋根は太陽の光や雨を直接うける場所になるため、劣化も早くなるべく細かなメンテナンスが必要になる箇所でもあります。
屋根は外壁よりも早く劣化します。

粘土瓦のように塗装不要で、30年以上もメンテナンス不要な屋根材もありますが、スレート屋根では約10年ごとに塗り替えをする必要があります。

屋根は家の中で最も過酷な場所で、外壁よりも早く痛んでしまいます。10~13年もつ耐久性の良いシリコン塗料を塗ったとしても、8~10年しかもたないなど、屋根の劣化は早いものです。
外壁は自分で見ることが出来ても、屋根はなかなか見て確認することが出来ません。外壁の劣化に気付いたときには、屋根はもっと傷んでいる可能性があります。
明日の現場作業も怪我せず安全第一で作業します。