恵方巻き!

ブログ

連日、お問い合わせや現場調査依頼、お見積り依頼を頂き、誠にありがとうございます。
今日は現場作業の話ではなく、恵方巻きの話を少し、、、
恵方巻きは、江戸時代から明治時代にかけての大阪の花街で節分をお祝いしたり、商売繁盛を祈ったりしたのに始まったといわれています。花街で商人や、芸子たちが節分に芸遊びをしながら商売繁盛を祈り、食べたようです。名前も恵方巻きという名前ではなく、「丸かぶり寿司」や「太巻き寿司」と呼ばれることが多かったようです。「丸かぶり寿司」も「太巻き寿司」も七福にちなんで、7つの具を入れて巻くので、7つの具を入れるのが基本になったようです。

ブログを読んでくれている皆様も、今日は恵方巻きをお腹いっぱい食べて下さい。
明日の現場作業も怪我せず安全第一で作業します。