折半屋根塗装&養生、外壁塗装、下塗り、中塗り&配管塗装

ブログ

写真は社長です。
本日は、鶴市町にて折半屋根塗装です。

こちらの物件はもともと折半屋根だったのですが、錆がひどく新しい折半屋根に変えたのですがお客様の要望で塗装することになりました。  まずは下塗りです。

塗り残しがないように確認しなが進めていきます。

次に中塗り、上塗りと工程を進めていきます。

 遮熱塗料なので、室内の温度も下がり、塗料自体も乾燥すると光沢がありとても綺麗です。
 

写真ではわかりにくいですが近くで見ると空が反射してうつるほどの光沢です。
鶴市町の物件は屋根塗装で現場作業終了です。
もう一班は、香西本町にて養生、壁下塗り、中塗りです。

こちらの物件のお客様は植栽が好きで木や花が沢山植えてあります。

木が植えてあって足場が建てられない所もあるので建てられない所は脚立で作業します。

 

まずは下塗りです。

ヘアークラック(細いヒビ割れ)が沢山あり下塗り塗料の希釈率をしっかり守り、ヘアークラックを下塗り塗料で埋めていきます。

そして午後から下塗り塗料がしっかり乾燥しているのを確認して、中塗りです。

  

下塗り塗料がヘアークラックを埋めているのでどこにヘアークラックがあるかわからない状態になりました。
香西本町の物件は、外壁中塗り完了で現場作業終了です。
もう一班は、香川町にて亜鉛メッキ配管塗装です。

昨日中塗りまで塗っていたので、本日は上塗りです。  屋上の配管の下を塗るときは狭くて塗るのに一苦労しました。

でも、仕上がって見ると達成感でいっぱいです。

 

屋上部分は写真の通りですが、壁にも配管があります。
こちらが塗装完了の写真です。

   
 

壁と配管の隙間が写真ではあるように見えるのですが、実際現場で見て見るとヘルメットを脱がないと裏が塗れているのか確認できないぐらいの狭さです。

ローラーで塗れないダクト部分に塗り残しがないようしっかり確認し塗装を進めていきました。

香川町の亜鉛メッキ配管塗装は本日で完了です。
明日の現場作業も怪我せず安全第一で作業します。