田中角栄  100の言葉!

ブログ

連日、お問い合わせや現場調査依頼、お見積り依頼を頂き、誠にありがとうございます。


今日は仕事の話ではなく、本の話を少し、、、
「田中角栄  100の言葉    日本人に贈る人生と仕事の心得」

の中から興味をもった田中角栄さんの言葉を紹介します。

「人から受けた恩を忘れてはならない。必ず恩返しをしろ。ただ、これみよがしに「お礼に参上した」とやってはいけない。相手が困ったとき、遠くから、慎み深く返してやるんだ」


自分が苦しいとき、困ったときに助けてくれる人ほどありがたい存在はいない。

その恩を忘れてはいけませんが、

「借りたものを返すぞ」

とばかりの態度を取れば、相手は困惑するだけです。

人は、ソロバン勘定で物事を考える人間から離れていきます。

恩を忘れないことも大切だが、その「返し方」こそ、人間関係を円滑にする重要なポイントであると田中角栄は考えていたそうです。