長谷川  王者のまま引退!

ブログ

連日、お問い合わせや現場調査依頼、お見積り依頼を頂き、誠にありがとうございます。


今日は仕事の話ではなく、私の好きなボクシングの話を少し、、、
世界ボクシング評議会(WBC)スーパーバンダム級王者の長谷川穂積さん35歳が9日、神戸市内で記者会見を行い

「闘う理由がもうなくなった。このタイミングが一番かなと思って決断した」

と現役引退を表明しました。

長谷川選手は9月16日に5年5ヶ月ぶりに世界王座へ返り咲くとともに、日本選手四人目の世界3階級制覇を果たしました。
再びチャンピオンの称号を手にし

「もう一回やろうかな、もういいかな」

と進退を決めかねていたらしいのですが、自問自答を繰り返した上で11月中旬に結論を出していたそうです。
私は長谷川選手の闘志あふれるファイトスタイルが大好きで、次戦を期待していました

が、

「世界王者のまま辞めたいと常に考えていた。ご飯と一緒で、腹八分目くらいがちょうどいい」

と話をしていました。

戦績は41戦36勝(16KO)5敗。

今でこそ日本人の世界王者は多いのですが、王者が少ない時期に10度の防衛はだてじゃないと思います。

一時代を築いたのではないでしょうか。

長谷川選手を目指した選手も多いと思います。

関西のボクシング界を盛り上げてくれました。

功績は本当に大きいと私は思います。

前回の試合は本当に感動しました。

今はゆっくり休んでほしいです。

本当にお疲れ様でした。

明日の現場作業も怪我せず安全第一で作業します。