高松市仏生山町にて小庇塗装、水切り塗装!

ブログ

連日、お問い合わせや現場調査依頼、

お見積もり依頼を頂き、

誠にありがとうございます。

 

天気のことわざ「二八月荒れ右衛門」。

旧暦の2月と8月(現在の3月と9月)は荒天が多いことを表します。

旧暦2月は強い温帯低気圧、旧暦8月は台風による嵐の季節と言われています。

 

さて、本日の現場作業は高松市仏生山町にて水切り、小庇塗装を行いました。

水切り、小庇塗装状況写真です。

 

  1. 錆止め
  2. 上塗り
  3. 上塗り2回目

の、3工程で仕上げました。

 

小庇Before

 

小庇after

 

錆びていた小庇も、ペーパーをあてて手触りをよくしてから塗装を行いました。

 

こちらの物件は、残すところ足場解体前検査のみになりました。

 

明日の現場作業も怪我せず安全第一で作業します!