高松市木太町にてシール打ち替え!

連日、お問い合わせや現場調査依頼、

お見積もり依頼を頂き、

誠にありがとうございます。

 

過酷な冬の寒さをしのぐため、植物はさまざまな工夫をしています。

地面に葉を放射状にぴったりとはわせるのも、典型的な冬越しの格好で「ロゼット」と呼ばれています。

 

 

さて、本日の現場作業は高松市木太町にてシール打ち替えを行いました。

新年一件目の現場です。

去年ご契約して頂いていたのですが、お待たせして申し訳ありません。

こちらの物件は、シールの劣化が酷い状態でした。

上の写真を見てもわかるように、コーキングとサイディングの隙間ができている状態です。

サイディングも一部クラック(ひび割れ)がありました。

まずは、古いシールの撤去作業から行います。

シール撤去状況写真です。

カッターでシールとサイディングを切り離し、ペンチなどを使い撤去します。

撤去作業を行なったあと、

上の写真のように、サイディングと新しいシールの密着が良くなるようにプライマーを塗布していきます。

プライマーを塗り終え、新しいシールを打っていきます。

最近は急な雨なども多いので、シールの撤去作業を完了してからシールを打ち替えるのではなく、外壁一面一面仕上げていきました。

こちらの物件は、シール打ち替えの途中で現場作業終了です。

 

明日の現場作業も怪我せず安全第一で作業します!