鬼無町にて外壁塗装、樋塗装、コーキング打ち替え!

ブログ

連日、お問い合わせや現場調査依頼、お見積もり依頼を頂き、誠にありがとうございます。

 

本日の現場作業は、鬼無町にて外壁塗装、樋塗装、コーキング打ち替えを行いました。

まずは、昨日の続きの外壁塗装ダブルトーン作業のご紹介です。

ダブルトーン作業状況写真です。

外壁を普通に塗装するのではなくて、凹凸の出っ張り部分だけを塗装するので、目地の中を塗装しないように慎重に作業しました。

ダブルトーン2回目状況写真です。

1回目同様、慎重に作業を進めダブルトーン完成です。

サイディングを張り替えたような仕上がりで、とても綺麗です。

続いて、樋塗装のご紹介です。

樋塗装下塗り状況写真です。

こちらの樋は、いつものように色だけを塗装すると塗料が半乾きの状態のように、ベタベタする素材なので専用の下塗り材を塗装してから、お客様希望の色を塗装します。

適材適所、塗料の選択はとても大事で、塗装すれば良いだけでは必ず問題が発生します。

こちらの物件は、樋塗装下塗りを終え、現場作業終了です。

 

もう1班は、同じ鬼無町にてコーキング打ち替えを行いました。

まずは、コーキング撤去のご紹介です。

カッターで切れ目を入れ、

古いコーキングを引き出します。

撤去した後に、

プライマーを塗装し、

新しいコーキングを打ちます。

新しいコーキングを打った後に、

専用のヘラでならしていき完了です。

Before

after

こちらの物件は、コーキング打ち替えの途中で現場作業終了です。

明日の現場作業も怪我せず安全第一で作業します!